腐女子と簡単に付き合える方法とは?

一般的に出会い系サイトでお互いに何度かメールのやりとりをしているとお互いの顔を見たくなるのは当然です。

正式な結婚相手の候補としてではなくデートや一緒に遊ぶ事だけを考えた場合、とりあえず見た目が一番という人も少なくないと思います。

実際に逢うことが無いのならば別人の顔写真を見せても分からないかも知れませんが、実際に会う段階では冗談で済まされない方が多く、不誠実な印象しか与えないでしょう。
実際に会ってその先の関係を築きたいと思える相手ならばありのままの姿を最初から見せるべきです。同様に相手が常に本人の画像を送ってきているとは限らないことを忘れてはいけません。

新たな出会いを期待してオンラインゲームや出会い系のサークルに参加する人もいますが、周りの参加者と目的がずれてしまっているケースも多く異性との交流だけを目的とした人は出会い厨と呼ばれ参加者たちから好意的には思われないでしょう。異性との交流が目的であれば目的と趣旨が合致している出会い系サイトの方が適切です。その気がない異性にアプローチするよりも同じ目的をもつ異性を当たる方が適切です。
お見合いの場や婚活サイトで実際に相手に見せる写真ならともかく、出会い系アプリで使用する顔写真であれば、例えプリクラの写真だとしても文句を受けることはなく、多少であれば写真を加工したとしても問題ありません。とはいえ加工しすぎて本人とかけ離れた顔写真では、リアルタイムで会った際に相手の怒りを買い即交際終了になってしまうこともあるでしょう。

正直写真写りに自信がないのであれば、写真を飾るよりもありのままの姿で会いに行った方がやましい気持ちにもならず、気分良く会えると思います。運命の相手を探すためにテニスクラブへ申し込んだものの、会員はテニスに情熱を注いでいる年配ばかり、という、残念な結末になることもあります。たとえ年上好きだったとしても、既婚者は論外ですから、相手の年齢を検索できる出会い系サイトを活用するのが賢い選択です。テニスが趣味な異性は多くいますので、二人でテニスコートを貸し切るといった充実の時間が過ごせるでしょう。実際の恋愛では正攻法ではありませんが、出会い系では取り敢えず最初はアプローチ数がものをいいます。相手に見つけてもらうのを期待せずに男性の方から積極的に女性に話題を振ってアプローチするべきです。

ですが、メールの内容が他の男性登録者と代り映えのしないものなら文末まで読もうともされないでしょう。女性が好感を抱く親しみやすい言葉遣いでメインになる文章のパターンを準備しておいてメールを送る女性に合わせて細かい部分を加えると簡単でしょう。
先日ある出会い系アプリで知り合った異性と、初めてデートする機会がありました。

それまでアプリ上でメールのやり取りはありましたが、相手と実際会うことはまったく初めてのことだったので、「想像とまったく違っていたらどうしよう」「何かトラブルがあったらどうしよう」と心配ばかりだったのですが、、悪い想像は外れてとても楽しい一日となりました。

食事が美味しくオシャレな感じのお店でしたし、文面でのやりとりとはまた違い、いろいろな話題で、話しても話したりず、アプリでの会話より何倍も楽しく感じました。また会おうと約束もしましたし、次のデートが楽しみで、わくわくしています。

悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、サイト上でやりとりは繰り返せるものの、実際には会えない、というものです。

もちろん、明らかにディスコミュニケーションがあるせいで相手から不信感を抱かれ出会えない、というケースは該当しません。ここで言う出会い系サイトの被害とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。たとえば、女性登録者がすべてサクラであるという事態もあったり、人間が相手をすることすらなく、プログラムが自動的に返答してやりとりしているというケースもあり、ただただ時間と費用が水の泡となるという被害報告もあります。今ではオタク趣味の人の方が人気があるそうです。
全体に占めるオタク比率もあがっており、腐女子率が高くなっていますので、同じ趣味でも会話が盛り上がってそのまま交際することになったというオタクカップルも最近では少なくありません。オタク趣味を隠して後から発覚したり我慢を続けるくらいなら、最初からオープンにしておいて自分からオタクであることを伝えておいた方が、距離が縮まって交際スタートしてもオタク趣味をそのまま継続することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です