現在では出会い系サイト

現在では出会い系サイトが身近なものとなり、出会い系サイトやアプリを使う人が増えました。それと同時に出会い系によるトラブルが増えたも言われます。しかし実際、出会い系サイトで起こる犯罪にかかわるのは、多くが未成年者です。その一方、成人男性の巻き込まれる犯罪といえば、女子高生や女子中学生といった18歳未満の女性と知り合い関係を持ち、結果トラブルとなる場合が多いようです。一方女性利用者が犯罪に巻き込まれてしまう場合、警戒心を忘れて相手の車に乗ってしまいそのまま危ない場所へ連れていかれてしまうという話が往々にして見られます。

自分がオタクだからといって恋人を作ることをあきらめている男性もいるのでしょうが、最近ではニッチなオタク趣味を持つ人の方が人気があるそうです。女性もコアな趣味を持つ人が増えてきているので、オタク同士で距離が近くなり実際にお付き合いをすることになったというケースも多くなっています。オタク趣味を隠して後から発覚したり我慢を続けるくらいなら、最初からオープンにしておいて自分のオタク趣味を相手に理解してもらえれば、お付き合いを始めるときに隠しごとをする必要がありません。いくつかの出会い系サイトの利用者の方々からは、サイトが原因の被害報告がなされており、その中でもとくに多く報告されているのはシンプルに「サイトを使っても、出会えない」という被害です。もっとも、利用者のやりとりのしかたに問題があるせいで出会えないということは該当しません。出会い系サイトの被害と呼ぶべきものとは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。女性会員はサクラしかいないため絶対出会えないという場合もありますし、最近では、実はそのやりとりは機械の自動返信によるものであるというケースも増加しているそうです。

真剣な交際を考えて出会い系のサイトに参加している方も増えてはいるものの、最初から別の目的で近づいてくる人もゼロではないので用心しなくてはなりません。よく聞く話としては既に結婚しているのに参加している人や別の犯罪などで利用するために個人情報を集めている業者もいるので標的とならない様に常に注意深く応対することが大事です。全ての利用者に注意が必要ですがとりわけ女性の利用者は警戒心を緩めてはいけないと思います。

ここ最近の出会い系サイトには、ポイントを換金できるシステムを導入しているところも増えてきています。こうしたサイトの利用者の中にいる「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちに注意すべきです。これは、出会い系サイト利用者の中に、異性と出会うというサイト本来の目的とは違い、サイト上のやりとりによってたまるポイントを換金することを目的としている人のことを指します。キャッシュバッカーの大部分は女性ですが、彼女たちはサクラでもないし、生身の人間であるため、自動返信プログラムとのやりとりで起きるような会話の食い違いも起きないため、一般利用者と見分けがつけにくいのですが延々やりとりを繰り返すだけで一向に会おうとしてくれないのならば、その人はキャッシュバッカーだと疑ったほうがよいでしょう。出会い系サイトで知り合った人から詐欺や傷害などの被害を受けたというニュースから、出会い系サイトはよくないと思っていらっしゃる方も少なくないでしょう。しかし、優良なサイトでは登録者のほぼすべては、遊びでない真剣な恋愛を求めて登録している方が大部分ですので、偏見だけで出会い系サイトを否定すべきではありません。出会いの手段の一つとして考えるべきものです。とはいえ、利用者の男女比について言うと、圧倒的に女性が少なく、男性利用者は時間をかけ、じっくりと取り組まなければいけません。このほか、女性に関しては男性と出会う機会に恵まれるかもしれませんが、だからこそ相手をしっかり選別し、真剣なお相手と仲を深めていくことが大事です。出会い系サイトの登録者数では、女性が少ない傾向にあるため、好みの女性を見つけて連絡をしてみてもほとんど返事は来ません。それに、女性がわざわざ男性のプロフィールを見て連絡をくれる事はかなり少ないのが実情ですしかし、もちろん全くないわけではありません。医者、裁判官、弁護士などの肩書があれば、ひっきりなしに連絡がくるでしょう。ただメールのやりとりがしたいだけであれば嘘のプロフィールを書くこともできますが、すぐに発覚してしまうでしょうし、大変なトラブルになることもあります。
恋人探しを目的にネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人もいますが、本来の目的と合致しないことも多く恋人探しだけを目的に参加している人は出会い厨とよばれ悪い印象を持たれてしまいます。異性との交流が目的であれば全員が同じ目的である出会い系サイトの方が適切です。周りを無視して後ろ指さされるよりも出会い系サイトに登録している出会いを求めている人達と話す方が適切です。

お世話になってるサイト⇒即女とセックスできるサイト特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です