被害とみなすべき事態

未分類

悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、サイト上でやりとりは繰り返せるものの、実際には会えない、というものです。ちなみに言わずもがな、利用者の方自身のコミュニケーションに問題があって出会いにまで至らない、というような事態は被害とは呼べず、自己責任というべきでしょう。
被害とみなすべき事態とは、出会いの仲介を実際には一切していないのに、出会い系サイトをかたってただ課金を要求するだけのケースです。女性会員はサクラしかいないため絶対出会えないという場合もありますし、最近ではさらに手が込んでおり、プログラムされただけのテンプレートの文面をサイト側が送るだけというケースも導入しているサイトもあるそうなのです。

出会い系サイトで何度かメールでのやりとりが上手くいくとそのうち、互いの顔写真を見せるという事になります。正式な結婚相手の候補としてではなくちょっとしたあそび気分なら性格より見た目が気になる事もあるかも知れません。全く別の人の顔写真を送ったとしても相手には分からないでしょうが、現実に会うやくそくをしたい時に一番困るのは自分自身でしょう。

実際に会ってその先の関係を築きたいと思える相手ならば素の自分をさらけ出す必要があります。そして心のどこかに相手が本人の物ではない顔写真を送ってきている危険性も忘れないでおきましょう。まだ見たこともない相手に自分の容姿を伝える顔写真には気を遣うものです。

とはいえ、ネット上の出会い系で相手と交換する顔写真はお気に入りのプリクラ写真でもOKですし多少であれば写真を加工したとしても問題ありません。

かと言って、まるで違う人のように加工した写真では、相手と実際に会った時に落胆されるだけでなく、場合によっては怒らせてしまいその後、音信不通になってしまう事も多々あります。

実際の顔写真を相手に見せることがいやなら、包み隠さず素直に会ってみた方が成功の確率は高いと思います。出会い系サイトの中には、サービスを利用することでポイントを使ったり貯めたりできるポイント換金制を導入しているところもあります。
こうしたサイトを利用するときは、「キャッシュバッカー」に注意すべきです。

これは、出会い系サイト利用者の中に、異性と出会うというサイト本来の目的とはちがい、サイト上でたまるポイントを得ることを目的として利用している人もいて、そうした人立ちをキャッシュバッカーと呼びます。

キャッシュバッカーはサクラではない、ちゃんと登録した人ですし、疑いを持たれるような不自然な返信をするプログラムとも持ちろん違うため、判別が難しいところですが、一つ言えるのは、実際に会おうとせず、ただメールのやりとりのみ要求するような相手とはできるだけ早く関係を絶って、ちゃんとした相手を探すほうがよいでしょう。

出会い目的でツイッターをはじめた場合、思いがけなくブロックされてしまったり、通報されやむなく退会したという人もいます。中には共有の話題で盛り上がっているうちにお互いに恋心を抱いたパターンが無いワケではありませんが、Twitterをしているほんの一握りに過ぎません。長く付き合える相手を探しているのなら恋人探しのプロフェッショナルである出会い系サイトを利用することが有効な手段を言えるでしょう。

巨乳とセックスしたいなら出会い系で探せ@ガチでヤレるサイト厳選3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です