タダマンの出会いをしたいなら・・・

ゲームや仕事効率化などのアプリをスマホに入れている方は多いと思いますが出会い系のアプリを利用している方も徐々に多くなってきています。最終的に個人同士で実際に逢うためだけのアプリもある一方、条件に合う不特定多数の異性とメッ […]

ゲームや仕事効率化などのアプリをスマホに入れている方は多いと思いますが出会い系のアプリを利用している方も徐々に多くなってきています。最終的に個人同士で実際に逢うためだけのアプリもある一方、条件に合う不特定多数の異性とメッセージなどをやり取りできるアプリの人気が高まっています。こういったアプリは基本的にはどれもよく似た機能を持っていますがそのアプリが特化している部分に注目したりして自分にとって一番便利なものを使うのが良いと思います。

大部分の出会い系サイトでは課金制です。たとえば、メッセージを一通送るためには何円、というように、アクションごとに払うべき金額が決められているような制度です。課金制だと、やりとりが続けば続くほどサイト側としては利益となるため、サクラを利用して、気のある素振りを見せながらも出会いに至らせずただやりとりだけ要求するなどの手段を講じる悪質なサイトもありますので、警戒を怠らず、もし引っかかるところがあれば早急に利用をやめるべきです。
あるいは、自分が出会い系サイトに登録した目的と相手のそれが一致していないときもあります。婚活なのか、恋人探しなのかなど、お互いの目的が合致しているか否かをあらかじめ伝えるようにしましょう。

そうすれば、余計な手間と費用がかかりません。私はよく出会い系サイトを利用しているのですが、それを知った友人は「大丈夫?」とよく心配したものです。
しかし、少なくとも私の場合は犯罪被害に巻き込まれることはありませんでした。

当然のことですが、サイト上でのやりとりにおいて本名や住所、職場などについての情報は教えず、実際に会うこととなったとき、人通りの多い場所で待ち合わせをすれば危険な目に遭うことはまずないでしょう。

間違っても、初対面の相手が密室で会うことを要求してきたら受け入れるべきではありませんし、また、よく知らないうちから夜に待ち合わせするような人についても、できるだけ避けるべきです。
ツイッターなどのSNSで異性と知り合いたい気持ちは分かりますが、文章が好みでないだけでブロックする人や、不幸にも通報されてしまい、Twitter嫌いになった方もいるようです。多くの異性をフォローした結果出会いが生まれ恋人同士になれたという例があると聞きますが、大人の恋はそんな単純には進まないものです。長く付き合える相手を探しているのなら相手も出会いたいと思っている出会い系サイトが恋人選びには最適です。

悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、どれだけ頑張っても、相手に出会えない、というものでしょう。もっとも、利用者のやりとりのしかたに問題があるせいで出会えないということは被害とは呼べず、自己責任というべきでしょう。出会い系サイトからの被害として扱うべき事態とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。具体的には、その女性登録者は全て実在しないサクラであるサイトや、最近では、コンピュータが自動でプログラミングされた文面を返すシステムをあって当然ながらそのようなことをする悪質なサイトにいくら課金しようが、絶対に出会うことができないという被害報告が増えてきています。

タダマン 出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です